当日と翌日の診療時間予約

詳しくはこちらをご覧ください。

お役立ち情報

こどもの医療費を助成します-大阪市

夜間・休日、救急病院を探す-大阪府医療機関情報システム


こどもの医療費を助成します-大阪市

夜間・休日、救急病院を探す-大阪府医療機関情報システム


こどもの医療費を助成します-大阪市

夜間・休日、救急病院を探す-大阪府医療機関情報システム


クリニックからのお知らせ

インフルエンザワクチンのお知らせ(2017.9.11更新)

10月16日からインフルエンザ予防接種を開始します。予約は電話:06-6775-1053か窓口でお願いします。スマホやネットではお取りできませんのでご注意ください。在庫には限りがありますので、早めの予約をお勧めします。
今シーズンも4株(A型2株、B型2株)の入った新ワクチンとなります。料金は、6か月~3歳未満(2回接種):1回2,500円、3歳~13歳未満(2回接種):1回3,000円、13歳以上(1回接種):1回4,000円です。
インフルエンザワクチンのみを接種ご希望の方は、月・火・金曜日15:30~16:00の定期枠か、10月21日~12月16日の毎土曜日12:30~13:00の臨時枠で予約をお取りください。受付開始は10分前からです。
診察の混乱を避けるため一般外来時間に予約はお取りできませんのでご了承ください。かかりつけの患者様で診察時に接種をご希望の方は、前もって院長にご相談ください。

こども医療助成の対象年齢が18歳までになります(2017.8.29更新)

平成29年11月から、大阪市のこども医療助成の対象年齢が18歳まで拡大されます。詳細は大阪市のHPをご覧ください。http://www.city.osaka.lg.jp/kodomo/page/0000369443.html
当院では高校生の診療も積極的に取り組んでいます。

予防接種後の副反応への対応について(2017.7.23更新)

他院でおこなった予防接種後の副反応には、接種時の状況が分からないため対応できませんのでご了承ください。

土曜日の順番予約制について(2017.7.1更新)

待ち時間の緩和対策として土曜日を順番予約制にしましたが、順番の予約だけを取って好きな時間に来院される方が相次ぎ他の患者様に迷惑となっています。
順番から大幅に遅刻される方は、「予約なし」扱いとして長時間お待ちいただくことになりますのでご注意ください。希望来院時間より早く順番を取った方はご連絡お願いします。

文書交付料についてのお知らせ(2017.6.26更新)

入園前の健康診断書をご希望の方は、文書交付料として、2,000円(消費税別)を別途請求させていただきます。なお、天王寺おおぞら、真田山かいせい、ニチイキッズ上本町、夕陽丘プリメールの各保育園児の皆さまは保育園側が支出しますので文書交付料は不要です。
病児保育施設への意見書をご希望の方は、文書交付料として、2,000円(消費税別)を別途請求させていただきます。なお、医療機関が運営管理する病児保育施設への意見書は診療情報提供の扱いとなりますので文書交付料は不要です。
食物アレルギーの指示書をご希望の方は、当院でのアレルギー検査が必要です。当院でアレルギー検査をされてない方は指示書の作成ができませんのでご了承ください。

水曜日の専門外来をご利用ください(2017.5.31更新)

発達相談、アレルギー検査・相談、夜尿症など熱のない病気で「ゆっくり」診療を希望される方は、水曜日の専門外来(14時30分-17時)の受診をお勧めします。完全予約制ですので、電話(06-6775-1053)または受付で予約をお願いします。スマホやネットでは予約をお取りできません。

予防接種の無断キャンセルについて(2017.5.10更新)

各種ワクチンが供給不足で在庫確保が困難な状況です。予防接種を無断キャンセルされた方は今後の予防接種をお断りすることがありますのでご注意ください。
全ての予防接種は予約制です。電話(06-6775-1053)または受付で2日前までに予約をお願いします。スマホやネットでは予約をお取りできません。
院内での感染を回避するため、月・金曜日の予防接種外来または火曜日の検診外来での予防接種をお勧めいたします。副反応への対応のため、一般外来時間での予防接種は最終時間を18時といたします。また、1歳未満のお子様への予防接種は休診前日は見合わせます。

正確な診断と適切な治療に努めています(2017.5.10更新)

マイコプラズマ感染症、溶連菌感染症、アデノウイルス感染症、RSウイルス感染症が流行しています。
特に、マイコプラズマ感染症が見逃されていることが少なくありません。当院では血液検査によるマイコプラズマの迅速診断が可能です。マイコプラズマは通常のセフェム系やペニシリン系の抗生剤が無効です。現在流行中のマイコプラズマは「クラリスが効かない」タイプと「オゼックスが効かない」タイプが混在しており適切な治療が必要です。
当院では何でも「風邪ですね」で片づけることなく、正確な診断と適切な治療に努めています。

予約受診にご協力ください(2017.1.7更新)

現在、予約患者様に長時間お待ちいただいていることをお詫び申し上げます。今後は予約優先を徹底し、予約のない患者様はお待ちいただくことになりますのでご了承ください。「丁寧」な診療を続けるために、皆様に予約受診をお願いいたします。
土曜日を「順番予約」制に変更しましたが、順番だけをとって来院されない方が多く待ち時間の解消になっていません。順番に遅刻される患者様は後回しになりますのでお気を付けください。
「念のため枠取り」予約や「無連絡キャンセル」予約が横行して、他の患者様の診療に影響が出ています。不適切な予約を繰り返しますと、ウェブ管理から「予約ブロック」がかかりますのでご注意ください。

直前の便(オムツ)をご持参ください(2016.4.18更新)

ウイルス(ロタ、ノロ、アデノ)性腸炎が流行しています。下痢や嘔吐が続く乳幼児の患者様は便検査をおこないますので、必ず直前の便(オムツ)をご持参ください。
なお、3歳以上のノロウイルス検査は保険診療対象外となります。

RSウイルスとノロウイルスの検査について(2015.11.28更新)

保険診療ではRSウイルスの検査は1歳未満、ノロウイルスの検査は3歳未満のみが適応となっています。それ以外の患者様で検査を希望される方は、実費負担(2500円+税)となりますのでご了承ください。

五苓散(ごれいさん)坐薬を調剤しました(2014.12.14更新)

ウイルス(ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスなど)性胃腸炎が流行しています。ウイルス性胃腸炎の嘔吐には五苓散(ごれいさん)という漢方薬がとても有効であることが知られていますが、漢方薬独特の味のため小児はまず飲めません。
当院では医師2名と薬剤師2名の管理の下、五苓散坐薬を調剤し院内での投与を開始しました。特にノロウイルス胃腸炎の嘔吐を繰り返し、数日間の点滴が必要と思われた小児の患者様が、五苓散坐薬を1‐2回投与することにより嘔吐が著明に改善しています。


院長がオススメする、お役立ち情報リンク-子育て支援・小児救急・予防接種・母乳と薬離乳食・食物アレルギー・アトピー性皮膚炎・喘息・夜尿症・低身長・小児がん・血友病など

クリニック概要

医療法人 上本町ぼく小児科

小児科・アレルギー科

〒543-0001
大阪府大阪市天王寺区上本町8丁目2-1
クライス上本町1F

ぼく小児科診療時間表

・・・一般外来 ・・・専門外来 (完全予約制)

※予防接種と検診は受付窓口またはお電話で、ご予約をお取りください。

※受付は診療時間終了の15分前までです。

[休診日] 木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

マップ

[ 最寄り駅 ]

  • ・近鉄大阪線「大阪上本町駅」から徒歩5分
  • ・地下鉄千日前線「谷町九丁目駅」から徒歩7分
  • ・地下鉄谷町線「谷町九丁目駅」から徒歩7分 
  • ・地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」から徒歩9分

 


スマートフォン・ケータイサイト-上本町ぼく小児科小児科・アレルギー科

患者の気持ち上本町ぼく小児科・小児科・アレルギー科


PAGE TOP