診療順番予約

詳しくはこちらをご覧ください。

お役立ち情報

こどもの医療費を助成します-大阪市

夜間・休日、救急病院を探す-大阪府医療機関情報システム


こどもの医療費を助成します-大阪市

夜間・休日、救急病院を探す-大阪府医療機関情報システム


こどもの医療費を助成します-大阪市

夜間・休日、救急病院を探す-大阪府医療機関情報システム


クリニックからのお知らせ

加算に係る啓示について(2024.6.1更新)

2024年6月1日から「外来感染対策向上加算」と「医療DX推進体制整備加算」が新設されましたのでご了承ください。

RS検査の保険適応について(2024.4.8更新)

RS検査は保険適応は①入院中の患者②乳児(1歳未満)③パリビズマブ(シナジス)製剤の適用となる患者に限定されています。
1歳以上のRSウイルス検査は保険診療の対象外のため自費検査(2,500円 税)となりますのでご了承ください。園から検査を指示された患者様は費用負担についてご確認をお願いいたします。

レントゲン検査の一時中止について(2024.3.5更新)

レントゲン撮影装置を保守点検中のためレントゲン検査は一時中止しておりますのでご了承ください。

MRワクチンの欠品について(2024.1.16更新)

MR(麻しん風しん混合)ワクチン「タケダ」が自主回収となり欠品状態です。在庫が確保できるまで日程調整をさせていただきます。

完全ネット予約制とします(2023.7.27更新)

2023年7月28日から完全ネット予約制とさせていただきます。ネット予約のない方が直接来院されても診療はできませんのでご了承ください。予防接種と健診は今まで通り電話か窓口で予約を承ります。
ネット予約の受付開始時間を当日の午前6時からに変更し、「一般外来」の予約数を増枠しましたのでご確認ください。予約枠は丁寧な診療が可能な数に設定しています。
無断キャンセルを繰り返しますと、システム上「予約ブロック」がかかり、解除には時間を要しますのでご注意ください。
皆様が安心して受診できる環境づくりにご理解とご協力をお願いいたします。

予約を取ってご来院ください(2021.2.8更新)

新型コロナウイルス感染拡大の中、「3密」を少しでも回避するためにネットで予約(電話では予約を受け付けていません)を取って受診してください。予約のない方が直接来院されても診療はできませんのでご了承ください。現在の予約は「熱なし外来:9時-10時、16時15分-17時」/「一般外来:10時15分-11時45分、17時15分-18時45分」の区分による時間予約制です。
熱のある患者(24時間以内に37.5℃以上の熱)様は必ず「一般外来」の時間予約を取って受診してください。「一般外来」の10時15分と17時15分にご予約いただいた患者様は、あまり早く来院されますと院外でお待ちいただくことになりますのでご注意ください。
予約なしで来院されても診療できませんのでご了承ください。
皆さまが安心して受診できるようご理解とご協力をお願いいたします。

血友病関節外来を開催します(2023.10.29更新)

奈良医大整形外科で血友病を担当・専門とされている稲垣先生をお招きし「血友病関節外来」を開設いたしました。当院外の血友病患者様もご利用いただけます。詳細は電話でお問い合わせください。

頑張れ!血友病の子どもたち(2023.11.5更新)

Jリーガーを夢見る血友病のサッカー少年」です(ご本人の許可を頂いて掲載しました)。体育祭のクラブ対抗リレーで、陸上部を圧倒し見事優勝。目指せ、初の血友病Jリーガー!
当院には、硬式テニスインターハイベスト4に輝いた高校生(今は営業マンとして頑張っています)、高校時代にホノルルマラソンを完走した学校の先生もいらっしゃいます。
定期補充をしっかりしていれば、何でもできる!夢をあきらめないで、応援しています。

外国人の方への対応について(2023.8.20更新)

日本語での対応が困難な外国人の方は「観光庁の外国語対応可能な医療機関検索サイト」をご参照ください。近隣では「大阪赤十字病院」、「大阪医療センター」が外国語での対応が可能です。
当院では正確な診療をおこなうために、英語、中国語などの外国語ではスマホの翻訳アプリも含め対応できませんのでご了承ください。韓国語のみ日常会話程度で対応させていただきます。

今夏は多くの感染症が流行しています(2023.7.10更新)

アデノ、溶連菌、ヘルパンギーナ、マイコプラズマ、RSなどに加え今夏はインフルエンザも流行しています。さらには新型コロナもまだ散見されます。当院では正確な診断に必要な検査をおこなうため、多くの患者様に待ち時間が生じていることをお詫び申し上げます。お待ちいただくことが出来ない方は他院への受診をお願いいたします。
なお、1歳以上のRSウイルス検査は保険診療の対象外のため自費検査(2,500円+税)となりますのでご了承ください。

補助駐車券変更のお知らせ(2023.7.10更新)

タイムズ大阪国際交流センター第1、第2駐車場は400円(50分間)、タイムズ上本町7丁目駐車場は400円(60分間)の駐車券を補助します。
ご用命の方は必ずタイムズ駐車証明書を精算機で発券しお持ちください。

便のウイルス検査を中止させていただきます(2022.11.20更新)

ご持参いただいた便のウイルス(ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウィルス)検査を中止させていただきます。ウイルスの有無により治療方針が変わることはなく、大切なのは脱水・低血糖にならない対策です。必要な患者様には点滴治療は今後も積極的におこないます。
便の状態の確認が必要な方は写メを撮っていただきお見せください。院内感染対策、清潔保持のため今後は便をお持ちいただいてもお受けできませんので、そのままお持ち帰りいただきます。
ご理解とご協力をお願いいたします。尚、便細菌培養検査は引き続きおこないますので指示された方は容器に入れてお持ちください。

木曜日休診のお知らせ(2021.9.4更新)

当分の間、木曜日は臨時休診とさせていただきます。水曜日の1歳未満の予防接種も見合わせといたします。

土曜日に受診される患者様ヘ(2022.2.18更新)

土曜日の午後から多くの方のコロナ接種をおこないます。
土曜日の診療は12時で終了させていただきます。受付時間も一時的に11時半までとなります。終了間際に予約なしで受診されてもお断りすることがありますのでご了承ください。

革新的除菌システムMA-Tを採用しています(2022.1.20更新)

当院では大阪大学の検証で新型コロナウイルス(98%阻害)やインフルエンザウイルス(99.99%阻害)などを強力に消毒する効果が確認された革新的酸化剤である「MA-T」溶液を院内3か所で噴霧消毒しています。
ぜひとも、「メカニズム」の動画をご覧ください。

日本脳炎ワクチンについて(2021.5.17更新)

日本脳炎ワクチンの供給が少ない状況です。まず電話で待機リストにご登録いただき、ワクチンが入荷したら順番に当院からご連絡いたします。今まで他院でワクチンを受けてきた患者様のご要望にはお応えできないこともありますのでご了承ください。

文書交付料についてのお知らせ(2019.4.1更新)

入園入学前などの健康診断書には2,000円(消費税別)、アレルギー診断指示書には1,000円(消費税別)を文書交付料として別途請求させていただきます。ほっぺるランド天王寺上本町、天王寺おおぞら、真田山かいせい、ニチイキッズ上本町、夕陽丘プリメールの各保育園児の皆様は当院が嘱託医ですので文書交付料は不要です。
病児保育施設への意見書には、当院は小児かかりつけ診療料を算定していないため文書交付料として2,000円(消費税別)を別途請求させていただきます。なお、医療機関が運営管理する病児保育施設への意見書は診療情報提供の扱いとなりますので、月1回に限り文書交付料は不要です。

トイレの美化にご協力ください(2019.10.20更新)

最近、トイレを汚す行為が目に余ります。小さなお子様がトイレを利用する際は必ず保護者の方もご一緒ください。
皆様が気持ちよくトイレを利用できるよう美化にご協力ください。

舌下免疫療法のご案内(2019.8.23更新)

スギ花粉症の舌下免疫療法を始めます。初回治療時には院内で30分間の経過観察が必要となりますので、水曜日の専門外来の受診をお勧めします。ご希望の方は電話か窓口で予約をお取りください。

弱視スクリーニング検査を導入しました(2019.5.22更新)

弱視(矯正後も視力が1.0未満の視力障害)は子どもの2-3%に認められ、小学校入学前までの早期治療が重要とされています。当院では「ウェルチ・アレン スポット ビジョンスクリーナー」で遠視、近視、乱視、不同視、斜視、瞳孔不同がないかを調べます。所要時間は数秒で、生後6か月頃の赤ちゃんから検査可能です。保険診療(こども医療)でできます。

診療に関するお願い(2018.11.10更新)

当院では電話で病気の問い合わせ、検査結果の説明はおこなっていません。受診していただき、院長とご相談ください。
他院でおこなった予防接種後の副反応には、接種時の状況が分からないため対応できません。また他院で予定の予防接種の可否についても判断しかねます。接種施設への受診をお願いします。
当院は子どもたちの診療を最優先に考えています。大人の一般患者様は内科受診をお願いします。

五苓散(ごれいさん)坐薬を調剤しました(2018.1.7更新)

ウイルス性胃腸炎の嘔吐には五苓散(ごれいさん)という漢方薬がとても有効であることが知られていますが、漢方薬独特の味のため小児はまず飲めません。
当院では医師2名と薬剤師2名の管理の下、五苓散坐薬を調剤し院内での投与を開始しました。特にノロウイルス胃腸炎の嘔吐を繰り返し、数日間の点滴が必要と思われた小児の患者様が、五苓散坐薬を1‐2回投与することにより嘔吐が著明に改善しています。


院長がオススメする、お役立ち情報リンク-子育て支援・小児救急・予防接種・母乳と薬離乳食・食物アレルギー・アトピー性皮膚炎・喘息・夜尿症・低身長・小児がん・血友病など

クリニック概要

医療法人 上本町ぼく小児科

小児科・アレルギー科
血液内科(大人は血友病のみ対応)

〒543-0001
大阪府大阪市天王寺区上本町8丁目2-1
クライス上本町1F

ぼく小児科診療時間表

・・・一般外来 ・・・専門外来 (完全予約制)
・・・予防接種(電話予約) ・・・検診(電話予約)

※予防接種と検診は受付窓口またはお電話で、ご予約をお取りください。

※受付は診療時間終了の15分前までです。

[休診日] 木曜、土曜午後、日曜、祝日

マップ

[ 最寄り駅 ]

  • ・近鉄大阪線「大阪上本町駅」から徒歩5分
  • ・地下鉄千日前線「谷町九丁目駅」から徒歩7分
  • ・地下鉄谷町線「谷町九丁目駅」から徒歩7分 
  • ・地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」から徒歩9分

 


看護師募集中

PAGE TOP